PRIMITIVE_MODERN Works
#prayforjapan Neck Fur (Workshop Project)
2011

Neck warmer for The Great East Japan Earthquake Victims
[ > Workshop report

Neck Fur

Neck Fur 2
● 東日本大震災の被災者の方々のための、防寒用の毛皮のえりまき
被災者の方、低体温症で危険な状態とのこと、私もPRIMITIVE MODERNとして何か出来ないだろうかと思いました。低体温症対策として、温めるべきところは、首や脇の下、またの付け根など(太い静脈の通る場所)ということを知りました。そして、「首周り」だったら、と!、今年の秋のためにデザイン&サンプル製作をしていた毛皮のえりまきを、急遽、緊急完成させました。私はこの冬、自分でもマフラーの試作品(毛皮)を使っているのですが、毛皮を首に巻くと本当に温かいですね。この温かさを、被災者の方々に早くお届けしたいと思います。

( ※ PRIMITIVE MODERNのこれまでのお客様で被災されてしまいこのアイテムが必要な方、もしご連絡頂けましたら是非お送りさせて頂きたく思いますので「お届け先(郵便番号、所在地、電話番号)」と「お名前」ともし可能でしたら「メールアドレス」をご連絡下さい。また、お客様の中で、被災地の親戚やご友人等にお送りされたい方がいらっしゃいましたら、その方の「お届け先(郵便番号、所在地、電話番号」と「お名前」ともし可能でしたら「メールアドレス」をご連絡頂ければお送りさせて頂きたく思いますのでよろしくお願い致します。ご連絡先は fukuma(a)primitive-modern.com です。←(a)を@に変えてお送り下さい。)
※ 2011年4月2日(土曜日)、Neck Fur の製作 を東京・世田谷にて行ないました。 ご案内ページ
[ > Announcement of joining the workshop

※ 当日の製作の様子も このご報告ページ に載せました。
[ > Workshop report




Neck Fur 3
Neck Fur 4
毛皮なのでとても温かく、サイズ調整可能で首周りに確実にフィット、日常の動作も妨げないデザイン
● 極寒の被災地での生活を想像しますと、日常の様々な動作を邪魔せずに首周りを常に確実に温めるという防寒具を作ってさしあげたいと思いました。革と金具のパーツを組み合わせることで、長さを調節しホックで外れないようにフィットさせて固定することが可能な構造にしました。これは、毛皮が首周りの主な素材であることで首をとにかく冷やさないようにしながら、どんな動作においても、例えば、手や顔を洗ったり、飲んだり食べたりする際にも邪魔になりませんし、就寝時にも外れず体温を守り、またトイレに行ったりする際にも外れたり端が落ちたりしないという意味で、常に身に着けておくための機能性が高いデザインです。

材料の毛皮を効率良く使い、なるべく沢山のえりまきを生産出来るようにしました
● また、効率的に小さめの毛皮で沢山のえりまきを製作出来るようにと考えました。通常の毛皮のえりまきやマフラーで、装飾的要素として使われているとも言える、繋ぎ目部分の構造にも使われる毛皮や、体の前面に垂れる部分の毛皮は省略し、繋ぎ目としての役割の要素は革で構成するようにし、材料の毛皮から効率的に沢山のえりまきが作れるようにしました。



Neck Fur 5
カラーバリエーション
● カラーは、ここまでの画像のようなブルーのほかに、グレーとピンクは現在PRIMITIVE MODERNのサンプル材料として手元にあるので、取り急ぎ、3色のえりまきを製作します。



Neck Fur Workscape 2
● 少しでも早く、1つでも多く作って、1人でも多くの方に使って頂けたら、と思いながら現在製作しています。


「温かさ動きやすさ」という機能性と、「オシャレ」というポジティブな気持ち

● 最後になりましたが、毛皮は、最近は以前より身近なものになって来ていると思いますが、やはり材料としては贅沢なものです。そして女性にとっては、毛皮のファッションアイテムというのは、どこかワンポイントに持っているだけでもなんとなくオシャレな気分になれる、特別な存在の素材と思います。被災地での生活での、とにかく温かくというとても機能的なアイテムの中にも、少しオシャレな気分を感じられたりすることが出来るとすれば、それはポジティブな気持ちを助けるものになるのではと思います。
Neck Fur 6
● PRIMITIVE MODERNのアイテムとして、「温かさ動きやすさ」という機能性と、「オシャレ」というポジティブな気持ちをお届けさせて頂くことが出来たら、と思っています。自分でももちろん試着してみながら検討しましたが、なかなか、いいと思います!、緊急に完成させたものなので粗けずりな点も多々とは思いますが、まず毛皮ならではの温かさは確保出来ていますし、雰囲気的に、ゴージャスな感じのする毛皮という素材を、革でミニマルな感じにひきしめているように思えるアイテムであるというところと、しかもそれがきちんと機能的なアイテムであるというところが、自分でもこのえりまきを好きと思うところです。
● 現在まだ手作りなので、良く見ると、うわ、本当にこれ手作りだ〜、という感じのところがあるかも知れませんが、緊急なので通常のように抜き型をじっくり作っている場合では無いと思い、少しずつ型紙をバージョンアップさせながら自分で製作しているものですので、ご容赦下さい。(書いているうちに、使って頂く方に宛てた手紙みたいになって来ました。)2011.03.19





Neck Fur 【 #prayforjapan Neck Fur 】Blue
サイズ:直径:約20cm、厚:約8cm
材質:毛皮(フォックス)、牛革、金具
カラー:Pink、Gray、Blue
重量:200g
原産国:JAPAN
デザイン:PRIMITIVE MODERN (福間 祥乃), 2011




Neck Fur Workscape 3








Home_PM_logo  Works_link
Home  Works